×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像5

レビュー

グスコーブドリの伝記

amazonホームページはこちら

無料kindle版はこちらをご覧下さい

レビュー
感想

 最初はkindle版で読みました。冒頭から貧しさで離散したブドリ一家が不憫でなりませんでした。両親の失踪と妹の誘拐で独りぼっちのブドリを 利用しようとするあいつは最初は憎らしく思いましたが、物語の終盤に大人になったブドリが挨拶に行った場面では、印象が違いました。 どんなにこき使われても、食わせてもらった恩をブドリは忘れてなかったのですね。幼少から苦労を重ねてきたブドリが、捻くれることなく 大きくなって、学問を志し、かつての自分のように苦しんでいる農民を救う生き様に感動するばかりです。人生の不条理に立ち向かう勇気と 生きる意義を教えてくれるお話でした。

作者について
宮沢賢治
>>作者wikipediaページへ

関連作品
クねずみ銀河鉄道の夜雨ニモマケズやまなしセロ弾きのゴーシュ注文の多い料理店春と修羅どんぐりと山猫風の又三郎よだかの星など。
詳しくはこちら

今月の新書

注目の書籍を紹介します。
amazonはこちら

新着情報

2016/01/12
「グスコーブドリの伝記」掲載
2016/01/11
ホームページ開設

あなたの読んだ面白い本、感動した本、役に立つ本について、教えてください。
詳しくはこちらをご覧下さい。

カテゴリ

小説・詩